本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社

生産技術開発

MENU
生産技術開発

ヤマハの「ものづくりの進化」を
開発工程の上流から提案

ヤマハ発動機グループの生産技術領域で貢献し、グローバルヤマハの競争力を強化すること。それが生産技術のミッションです。最小限の設備投資で、どれだけ高品質なものづくりが可能か。効率、品質、コストの追求は生産技術における永遠の課題です。近年、製品開発の要求は多岐にわたり、かつ高度化しています。短期間で要求品質を実現するために、生産技術の役割がより重要となっています。当社ではヤマハ発動機と生産技術戦略を共有し、「生産技術」「設備技術」「量産化技術」の3分野で技術力を発揮。開発工程のより上流部分から参画し、ヤマハ発動機グループ全体の生産技術革新を目指しています。

生産技術開発塑性加工のノウハウと解析技術を駆使して、より付加価値の高いものづくりを実現

数多い素形材加工技術の中でも、量産製品に不可欠なプレス・鍛造の「塑性加工技術」と、「鋳造技術」に注力。加工点を理解したエンジニアが工程設計、金型・設備設計を行い、量産化までを見据えた最適な提案を行っています。CAEを駆使してリードタイムを削減するとともに、成形性の検証により工程の削減や、量産性を踏まえた最適な製品形状の提案を実現しています。

CAEによる成形性の検証

CAEによる成形性の検証

設備開発研究開発から量産工程まで用途に適した専用設備を開発

ヤマハ発動機グループ内で使用される、各種の生産設備や開発用設備を開発。当社は製造工程や評価試験に要求される機能に精通しているため、必要な機能に特化した専用設計により、要求性能の充足とコスト削減を両立しています。少人化や自働化といったトレンドに加え、EVの普及により予測される生産工程の変化を見越して、次世代の設備開発に取組んでいます。

ワイヤ配索機

ワイヤ配索機

量産化技術開発現場で培ったノウハウを原理原則のアプローチで検証し量産化技術として確立

現場に密着した業務経験を通じて、製造技術のノウハウを蓄積。ものづくりプロセス全体を俯瞰する視点と、現場でしか得られない練り上げられたエンジニアリング力を組み合わせて、特に生産規模の大きい海外拠点で成果を挙げてきました。暗黙知・経験値として伝えられる製造ノウハウを原理原則のアプローチで検証し、要素技術の実用性と信頼性の評価を行い、量産化技術を確立しています。

量産化技術開発のPDCAサイクル

量産化技術開発のPDCAサイクル

技術情報TOPに戻る

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社 

〒438-0026 静岡県磐田市西貝塚3622-8

お問合せ
ページ
先頭へ