本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社

デジタルエンジニアリング

MENU
デジタルエンジニアリング

高度なデジタル技術を通じて
ヤマハ発動機グループのものづくりを支える

“モノ”は作らないけれど、ものづくりのプロセスに直結した技術。それがデジタルエンジニアリングです。現在、3D-CADモデリングやCAE(Computer Aided Engineering)技術の発展に伴って、デジタルデータは開発から生産、さらには広報やアフターサービスに至るさまざまな領域で活用されており、プロセス改革の起点として位置づけられています。当社はヤマハ発動機グループ内のデジタルエンジニアリング分野のプロフェッショナルとして3Dデータの作成に携わるとともに、それらのデータを体系的に束ね、開発から生産終了後のアフターサービスまで活用できる製品情報ライブラリを構築。製品ライフサイクル全般にわたるプロセス改革を後押ししています。

3Dデータによる開発支援高精度な3Dデータでさらなるプロセス改革を支援する

モーターサイクルは自動車と異なって燃料タンクやエンジンといった機能部品が外観に影響を与えるため、機能とデザインを高次元でバランスさせることが求められています。当社では、設計者との緊密なコミュニケーションの下、モーターサイクル開発経験者を含むエキスパートが、設計者の意図をくんだ高精度な3Dデータを作成。さらに試作や生産に伴う諸条件を織り込んで、一気通貫のデジタルデータ活用を実現しています。

3Dデータ活用領域

3Dデータ活用領域

CADデータ活用技術商品開発のあらゆる領域で活用されるデジタルエンジニアリングへの挑戦

広告素材やサービスマニュアルのイラストなど、幅広い領域で活用されている3Dデータ。現在ではプラットフォーム開発の推進によって共用部品が増えたことにより、3Dデータを体系的に束ねた、誰でも使えるデータベースの整備が急務となっています。当社では、商品開発において重要視されるデータ品質を保証した3Dデータを作成し、製品ライフサイクル全般にわたる情報活用に貢献しています。

CADデータ活用領域

CADデータ活用領域

CAE技術モデルベース開発にて不可欠となるCAE技術を駆使して、設計品質の向上と開発期間の短縮を目指す

今日、設計から生産開始までの開発プロセスにはさまざまな革新が求められています。特に開発上流で機能の成立性を作りこむことはシステム全体にとって重要な工程であり、このシステムをCAE中心にモデルベース開発することで設計品質の向上、開発期間の短縮などを可能にすることができます。構造・振動・流体・性能などのCAE技術を駆使し、最適なアプローチでさまざまな技術課題の解決に取り組んでいます。

CAE(流体解析事例)

CAE(流体解析事例)

技術情報TOPに戻る

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社 

〒438-0026 静岡県磐田市西貝塚3622-8

お問合せ
ページ
先頭へ