本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社

制御開発

MENU
制御開発

ソフト・ハード両面の技術を基盤に
新時代の制御システムのニーズに応える

制御技術は、環境性能や安全性を高める、人の感性と機械の動きを結ぶなど、製品の価値全体を左右する、現代には不可欠な技術です。特にモビリティの世界では、次世代の乗り物に求められる概念としてCASE(接続性、自動運転、共有、電動化)が注目されており、そのいずれも制御技術なしには成り立ちません。当社では、ソフト・ハードを融合させた電装制御技術に加え、メカニカルな製品要求に対応できるシステム開発技術を確立。自動車業界の制御技術開発で普及が進むモデルベース開発(MBD)にも積極的に取り組み、スマートモビリティ時代の本格到来を前に、電装制御を必要とするあらゆる製品に対応できる体制を整えています。

組込み制御技術研究開発から量産モデルまで幅広い領域で専門性を発揮

複数のプロペラを制御して飛行する産業用ドローンや、人間の感性にフィットするよう大電力を制御する必要があるEVには、高度な電動制御技術が要求されます。当社は、産業用無人ヘリコプターや電動車両の制御開発に初期から関わり、ヤマハの製品開発の一翼を担ってきました。今後はモデルベース開発を推進し、研究・先行開発と製品開発のシームレスな接続を目指していきます。

(左)産業用ドローン (右)EV(先行開発モデル)

(左)産業用ドローン(右)EV(先行開発モデル)

コネクティッド技術IoT時代の到来に対応するスマートデバイスの開発

車両コンディションを記録して整備に役立てる診断システムなど、IoT技術を使って、さまざまな機器と車両をつなぐ技術が広がっています。当社ではソフトウェアとハードウェア双方の開発技術を生かして、YDT(ヤマハダイアグノスティックツール)やモーターサイクル用CCU(無線通信ユニット)と、対応するスマートデバイスアプリを同時開発。CASEやクラウド対応など、将来を見据えた取り組みも進めています。

二輪車のコネクティッド技術

二輪車のコネクティッド技術

環境対応技術環境対応を促進するFI技術の応用展開

エンジンの燃焼を最適な状態で制御するFI(電子式燃料噴射制御)の領域では、モーターサイクルで開発した技術を、産業用無人ヘリコプターやゴルフカーなど他の製品に展開する取り組みを行っています。開発プロセスを継続的に改善し、明確な排ガス規制がない分野でも、独自の環境技術を積極的に投入することで、地球環境に貢献していきます。

燃料噴射制御システム

燃料噴射制御システム

技術情報TOPに戻る

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社 

〒438-0026 静岡県磐田市西貝塚3622-8

お問合せ
ページ
先頭へ