本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社新卒採用

CAE

MENU
CAE

CAE 机上計算の徹底活用によって
機能で考える新たな開発プロセスを牽引する

デジタル技術部 CAEグループ

マネージャー 松下 広規

CAEの業務

机上計算を用いることで製品開発の上流、つまり試作の前に機能や製品形状が成立するかを検証するのがCAEです。開発期間を短縮できる他、より上流で製品を作り込むことによる設計品質の向上、試作回数の削減、開発の効率化によるコストダウンなど、さまざまなメリットを創出しています。
当社で開発される製品全般の仮想評価を行い開発効率の最大化を目指しています。
CAEは、3次元(3D)モデルを用いた解析と1次元(1D)モデルを用いた解析があります。当社では3Dモデルで主に強度や剛性、振動といった構造解析と、車両周りの走行風やエンジン内部のガス流れ等を計算する流体解析を行っています。特に構造解析においては、近年トポロジー最適化解析を導入し、今までにない形状の提案も行っています。一方の1Dモデルでは、エンジンなどのシステムを数式で表現して、エンジン性能やオイル潤滑などのシミュレーションを実施しています。いずれも実機の構造、現象をよく把握し、それを机上で再現しながら、何が起きているのか分析し、課題があればその対策のために原因を解明していくことがCAE技術者の役割です。
CAE業務で大切なことは、現象を把握するだけではありません。その原因究明に踏み込んで、いかに客観的かつ有意義なフィードバックを設計者に戻せるかが問われます。設計や実験で原因のわからないものが、CAEを使うことで開発が大きく進むこともあります。計算結果を出して満足するのではなくさらに一歩踏み込むことで、開発に大きく貢献できる。それがCAE業務の醍醐味であり、仕事の喜びです。
現在はモデルベース開発(MBD)の推進などにより、機能で考える開発が進んできています。このような環境下において、開発プロセスでCAE技術者が活躍する領域はますます広がっていきます。どんなものにも「なぜ?」という気持ちを持つことができる、探究心溢れる方に注目していただけたらと思います。

デジタル技術部 CAEグループ

マネージャー 松下 広規

CAEが実現する「V字開発」プロセス

CAEが実現する「V字開発」プロセス

2011年入社

米山 彩

Aya Yoneyama

所属:デジタル技術部 CAEグループ
専攻:電気・電子・情報工学系

CAE実験のエンジニアにインタビュー! 1次元シミュレーションを駆使して
モデルベース開発を推進

業務内容とやりがい

エンジン内部の流体解析、主に1次元系の性能シミュレーションとオイル潤滑シミュレーションを担当しています。実際にどういうことをしているかというと、各種諸元が変わった際に、エンジン性能や潤滑状態にどのような影響があるかを確認したり、目標を満足するような仕様をチューニングし、開発担当者にフィードバックをかけたりといった業務を行っています。
昨今より当社ではモデルベース開発(MBD)に取り組んでいますが、MBDでは1次元シミュレーションが重要な役割を担っており、CAEが主体となって仕様の検討を進めることもあります。自分の検討した仕様が開発に役立った際には、達成感があり、やりがいを感じます。

仕事を通じて成長したこと

諸元変更で機能面に影響があった場合に、なぜそうなるのか、何が原因だったのか、分析する必要があります。入社当初は分析がうまくできず、OJTリーダーや上司を頼りに行っていました。その後、社内外での教育を受講したり、業務を遂行する中で得た知見を蓄積したりしていく中で、分析する力が身に付いてきていると感じています。

仕事上の目標や将来の夢、その達成のために取り組んでいること

ここ最近の目標は、業務の質を落とさず、効率化を図ることです。今担当している業務の習熟度を上げられるように課題出しをしたり、作業フローを見直したりしています。
なかなか実践していくのは難しいですが、やれることからコツコツと進め、困ったときにはチームメンバー等に相談するなどして対応しています。
そこで短縮できた時間を自己啓発や習熟度アップのトレーニングなどに使い、自分のスキルアップにつなげていきたいと考えています。

仕事を知るTOPに戻る
ページ
先頭へ