本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

ヤマハモーターエンジニアリング株式会社新卒採用

トップメッセージ

TOP MESSAGE

一生、エンジニアとして挑戦し続ける。
その心意気が、仕事の喜びや誇りにつながる。

エンジニアは、誰にでもできる仕事ではありません。厳しいことを言うようですが、だからこそ、エンジニアリング専門会社であるヤマハモーターエンジニアリングの存在価値があるのです。

当社は、量産用の製造部門を持たない、技術開発分野に特化した企業です。ヤマハ発動機グループの事業軸、製品軸を横断的に結び、グループ全体のものづくりを進化させる「技術、製品開発領域で価値を創造する企業組織」であることを、目的としています。

当社が得意とするのは、ものづくりの中でも特に高い専門性が要求される業務です。ヤマハ発動機の新興国向けモーターサイクルの開発を軸に、白バイ、消防用赤バイ、教習車、災害救援活動バイクなど特殊用途向けのモーターサイクルや、ユーザーの個性を演出し用途を広げる用品の開発、ホースレイヤー(消防用ホース運搬用電動車)等の特装車両の開発を担当。また小型エンジン技術の無人ヘリコプターやマリンエンジンへの展開、各種機器の制御開発、製造設備の開発、生産技術開発、さらにデジタルエンジニアリングを活用した開発・生産プロセスの革新など、ヤマハモーターエンジニアリングの活躍領域はますます拡大しています。将来皆さんが一人前のエンジニアになるころには、さらに新しい事業領域が生まれているかもしれません。

開発という仕事は、エンジニアをはじめ限られた、選ばれた人だけに許された付加価値の高い仕事だと、私は考えています。だからこそ厳しい時もつらい時もあるかもしれませんが、世界中の人に必要とされ、喜びや安心を届けることができる、大きなやりがいのある仕事です。
当社は、皆さんが成長するための多くの機会とエンジニアとして誇りを持って働き続けられる環境を提供します。しかし、最終的にチャンスや環境を生かし、一流のエンジニアとして歩めるかどうかは、自分次第なのです。
今、プロフェッショナルとしての人生を歩み出そうとしている皆さんに私が期待するのは、何より「一生をかけてエンジニアリングに挑戦したい」という意気込みです。これまで勉強や研究を一生懸命やってきたことももちろん大切ですが、夢や熱い情熱を持った人は、社会に出てからも無限の可能性があるのです。そんな皆さんと一緒に、ヤマハモーターエンジニアリングの未来を創っていける日を楽しみにしています。

代表取締役社長 石原 靖朗

ページ
先頭へ