ホーム > 技術情報 > 特装車両開発

特装車両開発

特装車両開発

マーケットインの視点で
ビークルの新たな価値を創造

モーターサイクル分野で培った技術を背景に、白バイや消防支援車両といった特装車両を開発しています。さらに来たるべき超高齢化社会やクリーン環境を見据え、制御技術やアシスト技術を投入した電動車両など、自社企画の提案型商品も開発。マーケットインの視点とこれまでにない製品の開発で市場を開拓する、新しい取り組みが始まっています。

特殊用途製品の開発ビジョン

  • 世界の人々に安心で快適な環境を
  • 充実ライフをクオリティアップ
  • ヤマハブランドの付加価値創造

特装車両開発

市場マーケティングをベースとした
企画提案力・設計ノウハウを世界へ

ヤマハモーターサイクルをベースとした白バイを対象に、世界各地の要求に応えるべく、長年にわたり蓄積したノウハウで特殊装備を開発しています。国内はもとより、欧州、中東、アフリカ、中南米、そしてアジア全域と広がっており、人々に安心で快適な環境を提供しています。

  • FJR1300P(白バイ仕様)
    FJR1300P(白バイ仕様)

自社商品開発

消防隊員の声から生まれた
自社開発の消防関連機器

消防現場という極限状態で働く方々の声をつぶさに集め、当社の総合エンジニアリング力を結集して開発した消防防災製品。中でも当社の独自ブランド製品である電動式乗用ホースレイヤーは、20年以上にわたるロングセラーです。最新のモデルでは電動モーターの制御技術をさらに高度化し、パワーと安全な操縦性を両立しました。

  • ホースレイヤー
    ホースレイヤー
  • 軽量二焦点型可搬式投光器
    軽量二焦点型可搬式投光器

新商品開発提案

電動アシスト技術を応用した
製品開発も当社の特徴の一つ

社会の変化やニーズを見据えて、複数技術を融合して新たな製品の企画、開発、提案に取り組んでいます。その一つとして電動アシスト車両『らいふ・ウォーカー』は、安全面にも多くの技術を取り入れ、高齢化社会に対応した新たな移動手段として開発しました。

らいふ・ウォーカー
らいふ・ウォーカー