ホーム > 技術情報 > 電装・制御開発

電装・制御開発

電装・制御開発

ソフト・ハード技術を基盤に
幅広い分野で付加価値を実現

制御技術。それは製品の性能向上に留まらず、環境対応、安全性、そして人の感性と機械の動きを結ぶインターフェイスとして、現代には欠かせない技術です。当社では、ソフト・ハードを融合させた電装制御技術に加え、メカニカルな製品要求およびお客様の使われ方を考慮したシステム開発技術を確立。モーターサイクルの電装系開発やFI(電子式燃料噴射)制御開発をはじめ、組込み制御システムや各種アプリケーション開発など、電装制御を必要とするあらゆる製品に対応できる体制を整えています。

電装システム 制御システム 情報システム パワートレインシステム

組込み制御技術

産業用無人ヘリコプターの開発において
機能・性能の具現化力を発揮

農薬散布や観測などに使われる産業用無人ヘリコプターは、優れた飛行安定性や操縦性が要求されます。当社は、機体制御コントローラや周辺機器の開発を一手に担うとともに、機能評価を効率化するフライトシミュレータ用アプリケーションを開発。ソフト・ハード一体の開発体制で、高付加価値を短期間で実現しています。

産業用無人ヘリコプター
産業用無人ヘリコプター
機体フライトシミュレータ

データ活用技術

製品開発のクオリティを高める評価設備システム開発

製品開発に不可欠な評価設備のシステムを開発しています。排気ガス成分分析計、エンジン計測制御装置、大気圧計などからフィードバックされる情報を収集・分析・可視化することにより、実験業務の効率化および信頼性の向上に貢献。現在はさらに技術を進化させ、通信技術や遠隔監視技術の実現を目指しています。

モーターサイクル評価設備
モーターサイクル評価設備

環境対応技術

環境対応を促進するFI技術の応用展開

エンジンの燃焼を最適な状態で制御するFI(電子式燃料噴射制御)の領域では、モーターサイクルで開発した技術を、他の製品に展開する取り組みを開始しています。開発プロセスの品質向上を図り、明確な排ガス規制がない分野でも、独自の環境技術を積極的に投入することで、地球環境に貢献していきます。

燃料噴射制御システム